記事一覧

パソコンを操作する人

記事を書く方法を学習する

WEBライティング技能検定に合格できるスキルがあれば、たいていのクラウドソーシングサイトで活躍できるようになります。受験は講座の終了が条件となっているので、まずはそちらに申し込み、記事を書くためのレッスンを受けましょう。

ゲーム作成に必要なもの

ゲームをする人

プログラマーに必要な知識

かっこいいグラフィック、壮大な音楽、面白いストーリー、これらはゲームを構成するのに必要不可欠な要素です。ゲームプログラマーはプログラミング言語を使って、これら全てをつなぎ合わせてゲームとして成立させます。しかしゲームと一概に言っても、スマホ用のゲーム、ネットゲーム、家庭用ゲームと様々で、使われるプログラミング言語も違います。例えばスマホ用ゲームではJavaというプログラミング言語が使われていますが、家庭用ゲームではC言語というプログラミング言語が使われています。ゲームプログラマーは複数のプログラミング言語を扱えなければいけません。また、ゲームには様々なジャンルがあり、シューティングゲームでは三角関数、2Dゲームでは、ベクトルや三平方の定理など、作るゲームのジャンルによって求められる知識も変わってきます。ゲームプログラマーはプログラミングだけではなく、数学や物理の知識も持っている必要があるでしょう。ゲームプログラマーになるために、何か特別な資格が必要というわけではありません。しかし、そういった知識や技術を身につけるために資格とるというのは、素晴らしい事だと思います。プログラミング言語の資格を取りたいなら、ゲーム作成によく使われるC言語やJavaを勉強することをお勧めします。グラフィックデザインやサウンドクリエイトにも資格があり、それらを勉強していれば、プログラミング以外の知識を得る事ができ、プログラミングをしていく際に、活かしていく事ができるでしょう。

ゲーム

専門分野の資格を取得する

ゲーム開発を行うゲームプログラマーになるためには、いくつかの資格を取得しておく方が有利となるケースがある。コンピューターの基礎知識を有していることが証明できる情報処理資格や、ゲームに特化した資格などの取得が良い。

教材

文章をお金にする力

WEBライティング技能検定講座で勉強して、インターネット上で文章をお金に換えるための知識を身につけましょう。WEBライティング技能検定試験はオンライン上で受けられるため、自宅にいながら資格をゲットできます。

勉強

プログラム作成関係を取得

ゲームプログラマーになるのに必ず必要な資格があるわけではありませんが、就職などでは持っておくと評価されやすいものがあります。基本情報処理技術者などプログラム作成に関するものがあると良いでしょう。言語ごとの認定試験なども評価されやすいです。

勉強道具

自宅で働きたいなら

WEBライティング技能検定の通信講座を利用して、クオリティの高い記事を書けるようになれば、自宅で働けるようになります。実力を証明するための試験がありますので、そちらの合格を目指して書き方を学んでいきましょう。

Copyright© 2018 ゲームプログラマーに必要な資格【求められる知識が変わってくる】 All Rights Reserved.