記事一覧

プログラム作成関係を取得

勉強

色々な言語を勉強

電子ゲームはかつてはテレビゲームといわれていました。その後携帯式の専用ゲーム機などが登場し、さらに今はスマホなどでゲームができるようになっています。よりリアルさが増し、スピード感も楽しめるようになっています。ゲームは複雑になっていますが、作成するのはゲームプログラマーです。ゲームを作成するための設計書があり、それをプログラム言語を用いて形にしていく仕事です。仕事をするにあたって必ず必要な資格があるわけではありません。ただ、ゲームプログラマーとしてゲーム制作会社に就職をするのであれば、基本的なプログラム作成能力を示せる資格を持っておくと良いでしょう。登竜門として用意されているのが基本情報処理技術者で、午後試験ではプログラマーとして必要な基礎的な技術も問われます。プログラム作成の経験があれば取得するのはそれほど難しくありません。さらに応用情報処理技術者やシステムアーキテクトなどの上級資格があると、より評価してもらいやすいです。ゲームプログラマーはプログラムの作成を行いますが、どの言語で行うかはそれぞれの会社やプログラムで異なります。良く利用されるのはC言語で、C言語プログラミング能力認定試験などに合格しておくと良いかもしれません。スマホ用のゲームはJAVAと呼ばれる言語で作成されることが多く資格があるとゲームプログラマーとしての知識を高められるでしょう。JAVAプログラム能力認定試験であったり、メーカーが実施する試験などがあります。こちらを取得しておけば、それぞれの言語で開発する会社に就職しやすくなります。

Copyright© 2018 ゲームプログラマーに必要な資格【求められる知識が変わってくる】 All Rights Reserved.